「天才スピヴェット」

141228今年は全然映画を観れなかったなぁ...。ホビットの最終章もまだ行けてないのだった。。。

もう終わってしまうというので慌てて観に行ったのが ピエール・ジュネの最新作「天才スピヴェット」。3Dを念頭に作られたものだと言うから、やっぱり劇場の3Dで観たくて。

もう主人公の男の子がかわいいのなんのって。それだけでも私はグッときますが お話も映像もとても素敵だった。色合いもいつものジュネの色合いで、思ったより感動作(?親子愛的なとこがある)だったけど、そこはジュネ監督でピリリと皮肉めいた所もあって グフフとなるのでした。「ロスト・チルドレン」も見直したくなります。

3Dの映像をおもちゃ箱みたいにクルクルとかき混ぜて引っ張って伸ばして...という感じにとてもおもしろく見せてくれます。