ミッフィー展とか

150418銀座松屋で「誕生60周年記念ミッフィー展」が開催されていて 早速行ってきました!

初日の午後イチは思いのほか空いていて、初期に描かれたブルーナの原画をゆっくりじっくりと見る事ができました。初めて見れるものもあって、線をじーっと目を追ってると 自分の小さい頃の記憶とかを重ねてしまってか 涙が出てきそうになりました。本当にいい線です。完成されたうさこちゃんに馴染みがあるけれど、まだ試行錯誤の中にいるうさこちゃんは モゴモゴとして今にも動きだしそうでした。本当に愛らしい生き物です。グッズも欲しいものが色々とあったけれど...よく考えて少しだけ。でもこのうさこちゃんフィギアはころんとしていて とってもよくできてる(うちの猫らみたい...笑)すごくいい展示でした。今度は65周年とかになるのかな....。ブルーナさん、長生きしてほしいな。

そして ちひろ美術館で開催されている「聖コージズキンの誘惑展」にも行ってきました。この人の描く絵は本当に生き物ですね。近づいて見ていると息づかいとか音楽が聞こえてくるよう。歳を重ねてさらにパワーアップされているような感じでした。

絵を見るという事は力ももらえますが、それと同時に何かを吸い取られるような気もします。必死に吸い取られまいとしてもがきますが余計に疲れます。こういう時は身をまかせておけばいいんですよねぇ。。。